英語翻訳の勉強法はこれ【おすすめ本・トライアル対策・通信講座】

英語の翻訳ってどうやって勉強すればいいんだろう。できれば翻訳学校には通いたくないんだけど…

このページでは以上のような問いにお答えしようと思います。

正しい勉強法に従い適切なテキストを用いさえすれば、翻訳は独学でもプロレベルまで上達できます。

独学で翻訳トレーニングするのに最適の名著、トライアル対策のテキスト、勉強のときに意識しておきたいこと、おすすめの通信講座などなど紹介していくので、参考にしてみてください。

まずは英文法をマスターしよう

翻訳をするとなると、英文法の知識と運用能力は絶対に欠かせません。

といっても英語学者レベルのたいそうな知識は必要なく、基本的には高校生レベルの英文法を完全習得していれば十分です。

というわけで英文法にまだ穴がありそうな人は、まず文法をおさらいしていくといいでしょう。テキストも高校生用のわかりやすい定番書を使えば大丈夫です。

関連:英文法のおすすめ教材はこれ【2~4冊だけでマスター可能】

 

精読トレーニングで基礎を固めておこう

難解な英文でも正確に読み解けるように、精読トレーニングをしておくこともおすすめです。

ふつうに英語学習するなら精読よりも多読を重視すべきなのですが、翻訳となると人並み以上の精読力も重要になってきます。

テキストはここでも受験生用の定番書が役に立ちます。このレベルを最初に固めておけば、あとは実践での翻訳がそのまま精読訓練にもなるので、精読の勉強をするのは初期だけで十分です。

関連:英語精読の正しいやり方とおすすめ参考書がこれ【半年で効果でます】

 

翻訳トレーニング本で翻訳脳を身につけよう

さていよいよ翻訳の学習を開始します。翻訳術を指南するテキストはたくさん出ているので、それに頼っていきましょう。

色々なものに手を出すよりも、まずは内容に定評のある名著に的を絞って、それを何周もするのがいいです。おすすめを何冊か紹介します。

安西徹雄『英文翻訳術』

まずはこれ。たぶん翻訳関係で一番有名な本です。

翻訳って英文和訳とは違うんですよね。原文の背後にある思考をイメージ化し、それを自然な日本語に直接降ろしてくるのが翻訳です。英文和訳なら原文をそのまま日本語に置き換えれば完了なんですが、翻訳で要求されるのはこのような高度な操作です。

本書には構文ジャンルごとに、その自然な翻訳のためのテクニックが満載されています。これを3周くらいすると翻訳脳の基礎が身につくことでしょう。

近藤哲史『トライアル現場主義!売れる翻訳者へのショートカット』

翻訳の仕事を受注する場合、まず間違いなく最初にトライアルを課されます。トライアルというのは翻訳者の実力を試すためのテストで、給料は実際の仕事の数分の一になることが多いです(無給のトライアルは受けないようにしてください)。

このトライアルをどう突破するかが、最初の試練になってくるわけです。本書はその攻略法を、トライアルを課す側の人間が解説してくれる本。アマチュアによる間違いだらけの解答例を、著者が添削していく構成になっています。

書いた人になりきれ、ミスに対する採点者の目を意識せよ、力の出しすぎには要注意などなど、5つの視点から解説。このテキストに取り組んでおくと、仕事の受注率が大幅に上がり、学習の方向性もつかみやすくなります。

 

自分が専門とするジャンルの日本語力を伸ばそう

翻訳で重要なのは外国語よりも日本語の力だとよくいわれます。

読書などを通じて一般的な日本語力を磨いていくことも大切なのですが、それ以上に意識してもらいたいのが、自分の専門ジャンルの日本語力を伸ばすことです。そのジャンル専用の言葉遣いを身につけることと言ってもいいですね。

たとえば金融ジャンルを例にとってみましょう。riseという単語が出てきたとします。これは「上昇する」という意味で、英文和訳ならそれで十分ですよね。しかし金融翻訳の場合、これを「強含む」と訳さなくてはいけない場面があります。

こういう文体上の決まり事がジャンルごとにたくさんあるんですよね。それらを意識して身につけていくことが重要になってきます。

どうやったらそういう語彙力が身につくんだろ…?

王道なのは自分が訳すジャンルの本やニュース記事を多読することですね。洋書とその翻訳バージョンを用意して、比較対照させながら読んでいくのもおすすめです。

ジャンルによっては優れたテキストがあるので、それを使って基礎力を整えるのも有効です。たとえば経済や金融のジャンルでは鈴木立哉の『金融英語の基礎と応用』などが強力です。

 

通信教育ならアメリアがおすすめ



通信講座に抵抗がない人には、アメリアもおすすめです。アメリアはフェローアカデミーが運営する翻訳者ネットワークとして有名。翻訳学校に比べると圧倒的に格安です。

ここに登録すると、毎月色んなジャンルの定例トライアルや翻訳情報雑誌が送られてきます。非常に強力なペースメーカーになってくれるでしょう。優秀な成績を残せば、アメリアを通して仕事を獲得することも可能です。

自分の挑戦したいジャンルのトライアルは大切に保存して、なんども取り組んでみるのがおすすめ。英文と和訳の両方を音読して、完全に暗記してしまうのも手です。英語力と日本語力が同時にアップします。

>>公式サイトをチェック 翻訳者ネットワーク「アメリア」

 

アメリアについては以下の記事も参考にしてみてください。

翻訳者を目指すなら翻訳学校よりもアメリアがおすすめな理由【経験談】

翻訳者を目指すなら翻訳学校よりもアメリアがおすすめな理由【経験談】 | 世にひそむブログ
「翻訳の仕事をしてみたいけど、なにから手をつければいいんだろう?翻訳学校に通う余裕もないし、できれば自分一人で精進していきたい」 このような人には、まずアメリアへの登録をおすすめ...

 

まとめ

以上、翻訳を勉強する方法について解説しました。最後にざっくりとまとめておきます。

・高校レベルの英文法を完全習得する
・精読トレーニングで基礎固め
・翻訳力を磨くには安西徹雄の『英文翻訳術』
・近藤哲史の『トライアル現場主義!売れる翻訳者へのショートカット』でトライアル対策をする
・自分が専門とするジャンルの日本語力を磨いていく
・通信講座ならアメリアがおすすめ
タイトルとURLをコピーしました