英字新聞はどれを読めばいい?【英語学習者におすすめの2紙はこれ】

英語を多読するために英字新聞を検討してるんだけど、どうなんだろう。おすすめの新聞とかあるのかな?

英語学習はインプット量が命。そしてインプットを継続的に稼ぐための王道が英字新聞の購読です。

昔から数々の英語学習者たちがこの方法を試みてきました。

でも英字新聞って色々あって迷いますよね。どれを読むのが正解なのか?

結論をいえば上級者はジャパンタイムズ、そこまでの自信がない人は全員The Japan Times Alpha。この2つだけ検討しておけばオーケーです。

以下、英字新聞を購読するメリットと注意点、次にこの2つの英字新聞を解説したいと思います。

英字新聞を購読するメリット

英字新聞

そもそも英字新聞を読むことにどのようなメリットがあるのでしょうか?無料サイトや洋書と比べてみましょう。

無料サイトよりもモチベーションを維持しやすい

まず無料サイトと比べてモチベーションを保ちやすいというのが大きいです。

無料サイトで最初は意気揚々と勉強していたものの、すぐに飽きてしまったという経験はほとんど誰にでもあるかと思います。

外国語学習には身銭を切ることが必要とよく言われます。人間ってお金を払うと集中力が違ってくるんですよね。払ったぶんを取り返そうと一生懸命になりますから。逆に無料だとすぐ怠けてしまいます。

したがって英字新聞は無料サイトに比べて、多読の習慣化がずっと容易になります。

洋書と比べてスキマ時間に学習しやすく、本を選ぶ手間も省ける

洋書と比べて英字新聞の長所はどこにあるのでしょうか?

まず細かいセクションに分かれているから区切りをつけやすいというのが強いです。スキマ時間での学習に向いているんですよね。

洋書だと長編なら数百ページ、短編でも数十ページは物語や解説が続きます。これだと区切りをつけるのが難しく、集中力が途切れがちなんです。だから途中で挫折する可能性もけっこうあります。

逆に英字新聞ならセクションごとに細かく分割されていますから、そんなに集中力はいりません。短い時間にパッと集中すればいいだけです。

したがってスキマ時間に多読トレーニングするには英字新聞が向いているんですね。

 

また読む本を選別する手間が省けるのも何気に大きいです。

洋書だと次に何読んだらいいのか迷うんですよね。興味が湧く上に自分のレベルにも合ったものを探すというのはなかなか大変です。

しかし英字新聞の購読なら、ただ送られてくる新聞を読んでいればいいだけなのでそこがずっと楽になるんです。

 

英字新聞を購読するときの注意点

英字新聞を読むさいには注意点もあって、それは全部読もうとしないことです。

最初はやる気満々ですからつい高めのハードルを設定してしまいがちなんですよね。そして隅から隅まで全部読んでやろうとするわけです。

とはいえモチベーションにも波がありますから、どうしても読めない日は出てきます。

しかしこちらの調子などお構いなしに次の号がどしどし届きますから、そうなるとプレッシャーが半端ないのです。

読めなかった罪悪感で勉強が嫌いになりそう…

これが挫折への王道。ということで完璧主義は捨てましょう。

とくに最初のうちは半分ぐらい読めれば成功ぐらいの気持ちでいたほうがいいです。難しい記事はためらうことなくスルーしましょう。

慣れてきてからも8割も読めれば大成功で、隅から隅まで読む必要はないです。興味のない記事なんかは飛ばしてオーケー。

一流の人でも隅から隅まで新聞を読んでる人はまずいませんので、気にしなくて大丈夫です。

 

おすすめの英字新聞はどれ?

さていよいよおすすめの英字新聞を紹介していきます。

色んな種類が出ていますが、ぜんぶ検討しようとすると頭がパンクするので、まずは以下の由緒ある2紙だけチェックしておけばオーケーです。

初心者から上級者までカバー The Japan Times Alpha



まずはこれから始めましょう。英字新聞社ジャパンタイムズのThe Japan Times Alphaです。

1951年発刊という由緒ある英字新聞。最初は本家ジャパンタイムズに対してステューデントタイムズという名前でした。

どんな新聞かというと、日本の英語学習者に向けてカスタマイズされた週刊の英字新聞です。

2面には記事ごとの難易度が掲載されています。記事の難易度は4つの段階に分かれ、TOEIC500点未満の人からTOEIC800点以上の人にまで対応。

しかも記事の和訳と解説までついているので辞書を引く必要はありません。辞書は基本的に中級者以上の人のための道具なので、和訳がついているのは初心者にとってありがたいことです。

また専用のウェブサイトでは購読者用のコンテンツが充実しています、たとえば以下のような。

・ネイティブの読み上げでリスニング力アップ
・ニュース頻出の英単語解説で語彙力アップ
・編集長が読解やライティングや英文法を指南

スマホでの表示にも対応しているため、スキマ時間での学習にも適しています。

そして週刊なのでプレッシャーが弱めなのも初心者におすすめできるポイント。日刊から読み始めるのはやめましょう。本紙のようにプレッシャーの少ない週刊誌から入門するのが得策です。

初心者から上級者まで、基本的にはこれを読んでおけば大丈夫です。

「ジャパンタイムズ・アルファ」購読申し込み

超上級者には本家ジャパンタイムズ(ニューヨーク・タイムズもおまけでついてきます)

「The Japan Times Alphaでは簡単すぎるもっと上のステージに挑戦したい」

そういう人は本家のジャパンタイムズを購読しましょう。歴戦の英語学習者たちが愛読してきた由緒ある英字新聞です。

まちがいなく上級レベルです。しかも日刊

日本で暮らす外国人に向けて日本のニュースを伝えるための新聞ですから、日本人の英語学習者のことなどおかまいなしのレベルなのです。

とはいえ中身は日本のニュースなので、海外の新聞を読むよりもはるかに理解しやすいことはたしかです。ここが強力な長所。

リーディングでもリスニングでも、人間は背景知識があると理解が容易になりますからね。

 

もう一つこのジャパンタイムズ購読のすごいところは、「ニューヨーク・タイムズ」がセットでついてくる点です。

ニューヨーク・タイムズといえば世界でもっとも権威ある新聞の一つですよね。あれがおまけでついてきます。両者の提携は2013年から始まりました。

ウェブサイトでも同様の恩恵を受けることができます。ジャパンタイムズの定期購読者はジャパンタイムズのウェブサイトだけでなく、ニューヨーク・タイムズのウェブサイトもフルに使えるようになるのです。

お得すぎない…?(読めればだけど)

これらのサービスをフル活用できる英語学習者はめったにいないはずですが、それができればどんなに魅力的だろうと思いますよね。

こちらはいきなり定期購読するのはおすすめしません。まずは一部だけ買ってみて、レベル感をチェックするのが得策です。いけそうだと思ったら定期購読に踏み切るのがよいでしょう。

 

まとめ

以上、英字新聞を読むメリットと注意点、そしてオススメの英字新聞について解説しました。最後にざっくりとまとめておきます。

・英字新聞は無料サイトに比べてモチベーションが維持しやすく多読の習慣化が容易
・英字新聞は洋書に比べて細かい区切りをつけやすいため挫折しにくく、スキマ時間の学習にも適している
・英字新聞を購読すれば本の選別に時間とエネルギーを割く必要がなくなって楽
・おすすめの英字新聞は初心者から上級者までThe Japan Times Alpha
・それを超えるレベルの人は本家ジャパンタイムズ(ニューヨーク・タイムズが毎回セットでついてくる)
タイトルとURLをコピーしました